Powered by Typepad
登録年月 07/2004

フォトアルバム

いろいろ

  • : 夜の帳の中で

    夜の帳の中で
    「純文学シリーズ」は、当時学生のころ「少女アリス」を自販機に追い求めて読み耽り、関東の大学のサークルの集まりでフレーズを適所で引用するようなゲームをしていた。西洋の映画、テレビドラマでシェークスピアを自在に引用してお喋りできるやつが粋、みたいな感覚だった。今思えばこそばゆい。 それはともかく、ここにまた綺麗な印刷で一冊の本になると感慨深い。後書きで、ギャク漫画家はほとんど破滅する、もっと早くシリアス漫画に目覚めていれば…のくだりはなんというか、だ。吾妻ひでおさんの作品も彼自身も私は好きだ。 (****)

  • 如月 舞: ロングドリーム―元六本木No.1キャバクラ嬢の「チャンスをつかむ」方法

    如月 舞: ロングドリーム―元六本木No.1キャバクラ嬢の「チャンスをつかむ」方法
    渋谷のブックファーストで目にとまった時、記憶が刺激された。「如月舞」というのが著者でこの名前とカバーの写真。思い出した。数年前に海祗桃花さん指名で通っていた六本木のクラブ・ザ・シーンにいた。いつぞや、お店のNo.1としてのバースデー・イベントの売り上げを聞いた時、事情に疎い自分は素直に「それってNo.1としてはどうなの?」と桃花さんに訊いたら「狂ってるよ!」との答え。それくらい売れていた。指名したことはないが、何かと目を惹き、横目で目に入る程度でも記憶に残っていた。指名客の席にやって来ても5分もそこに座っていたか、という程度で次の指名客の所へ移って行く忙しい姿。 まぁ、著者に対する思い出はそんなものだが、この本にはその彼女が生い立ちから六本木のキャバ嬢としてNo.1になり、さらにお店のオーナーになるまで、そしてそこに至るまでに得た教訓的な話が書かれている。「そういう人だったのか」とまずはそれだけで個人的には十分楽しめた。商才と向う見ずな行動力は16歳でDCのオーナーをこなしていたというエピソードでもう納得。でも似た話は当時何かで高校生の援交サークル主催者の話とか読んだ記憶があるから時代的に目の付け所は必然だったかもしれない。 No.1に至る接客の心得、それに裏打ちされてしかもそれらを具体的に緻密にこなせる行動力、どれも一流だと思う。ただ、自分の成長とサービス業の事業者としてのビジネス的成功が第一に強調されているのは置かれた(もしくは選んだ)状況に素直に適応していける女性の強さの典型と読めた。それは現世で今時の所謂「勝ち組」に至るあまりに合理的な姿ではあるのだが、へそ曲がりな自分としてはそれだけか、と全肯定しかねる気持ちが湧いてくるのは押さえ難い。本というものを鵜呑みにできるほどナイーブでもなくなっているので、どの程度の脚色があるのか、という点も気になる。 ともあれ、生い立ちから赤裸々に語る姿はいい。そこは賞賛したい。 そして、巻末に著者に寄せられた関係者の言葉はみななかなかいい。特に、クラブ・ザ・シーンで自分にヘルプとしてついてくれた女性達の名前を見るとなんだか懐かしい気分になった。 (***)

  • 宮崎 学: 万年東一 下

    宮崎 学: 万年東一 下
    上巻の最期が万年東一出征の晴れがましいシーンだったが、下巻は帰還するところから始まる。映画「兵隊やくざ」のモデルだったというところをうかがわせる型破りの兵役の時のエピソードも少し語られる。東京に戻って焼け野原を見て万年東一が衝撃を受けるシーンは妙に胸に迫って目頭が熱くなった。なぜだかわからないが。この下巻での圧巻はライカビルにキャノン中佐と児島義雄を襲い最終的にGHQから可児亘を奪還する件だろう。万年を兄貴と慕う内富、加納とこの基本的に児島との戦争を段取りするシーンからしてとても熱い。 この上下巻はほとんど通勤の電車の中で読んでいたが読んでいる間は爽快で幸福だった。読み終わりたくなかった。万年東一の千分の一もその要素が自分にあるとは思えないが、そんな自分でもこれは男だったら男として惚れる人物だと思う。 ちょっと書ききれないし、整理しきれないのでブログの方にいずれまた書いてみたい。今年はまだ半年以上残しているがすでに今年最高の本を読んでしまったような気がする。 (*****)

  • 宮崎 学: 万年東一 上

    宮崎 学: 万年東一 上
    愚連隊の神様と呼ばれた万年東一をモデルにした小説だが、これほとんどノンフィクションだろうという感じ。児島義雄は児玉義雄だよね。上海での件が豪快。 (*****)


  • 吾妻 ひでお: 失踪日記

    吾妻 ひでお: 失踪日記
    一世を風靡していた美少女を書かせては右に出る者なしという天才漫画家の「日記」。学生時代嵌りまくっていておそらく出版された本はほとんど持っていると思う。その後、アル中になったとか、失踪したとか噂には聞いていたが、これを読むとそのあたりのことがよくわかります。ギャグ漫画家なのでギャグにはなっているのですが、それが逆にとても怖い。特に、余りに悲惨で描けないことは省いた、と後書きにあるあたりはゾッとします。なぜかというと、自分の飲酒癖やなんやに明日は我が身と思わせるものがあるからなのですが・・・。 5/12 2005 のニュースによると漫画家協会賞を受賞したそうです。 (*****)

  • 藤井 厳喜: 新円切替

    藤井 厳喜: 新円切替
    国はもうどうにもならない借金をちゃらにするため、ある時期から旧札を無効にして最近出回り始めた新札のみを有効とする新円切り替えと財産税をセットで実施してくるだろうというお話し。これによって箪笥預金などは銀行で新札に交換せざるを得なくなりアングラマネーが表に出てくる。しかも財産税をとられるから100万円を換金すると新札は90万円くらいしか受け取れないのだとか。さらに、預金封鎖で預金が(ある制限のものでしか)下ろせなくするということまでやるかもしれない。庶民は勿論、生半可な金持ちも実質財産預金は0になるだろうとのこと。 土地も貯金ももない私はもともとゼロだからどうってことない、というわけにも行かないらしい。食うのに困る時代が近いのかも? (***)

  • リチャード・M・ストールマン: フリーソフトウェアと自由な社会 ―Richard M. Stallmanエッセイ集

    リチャード・M・ストールマン: フリーソフトウェアと自由な社会 ―Richard M. Stallmanエッセイ集
    GNU,フリーソフトウェア運動の旗手、ストールマン氏の講演などから数々の発言を集めた本。オープンソースとフリーソフトウェアは違う。フリーはタダを意味するのではない、自由を意味する。ソフトウェアはフリーでなければならない。著作権と特許というまったくの別ものを知的財産権とまとめて議論するのは間違いだ。などなど、頑固で一貫した強力な意思、思想、主張には感服する。 「何かのために闘え。そうでなければ、何でもないものに負けるだろう」p.151 「社会は、隣人を助けることを奨励するものであってほしい。」p.210 など、ソフトウェア問題を超えて心に響く言葉も素晴らしい。 (****)

  • 大久保 亜夜子: 奇的

    大久保 亜夜子: 奇的
    アートしている漫画?著者、大久保亜夜子の東京藝術大学先端芸術表現科の卒業展での展示で初めて目にした。浜松町から少し歩いたところにあるかつての小学校の小さな部屋での漫画のインスタレーションだった。おもしろかった。それが本にまとまって出版された。主席卒業で作品は大学が買い取ったのだそうだ。 芸術的価値は私にはよくわからないが、ただ漫画として読んでもおもしろいと思う。 (***)

  • 岩月 謙司: 男は女のどこを見るべきか

    岩月 謙司: 男は女のどこを見るべきか
    愛されて育てられた女性は女神とも天使ともなるが、そうでない女性は鬼となる。それを見分ける方法が書かれている。本書で述べられる女の「蜘蛛の巣作戦」なるものは男である私をぞっとさせる。思い起こせばそういう女だったのかというのもいる。女性と付き合っているがなんだか気分が鬱、という男性は読んでみた方が良いかも。 (***)

写真

  • 荒木 経惟: 色淫女
    限定千部。 ポラ中心だが、アクリル絵の具で「なんで?」というほど汚す。なんで。 いや、これは「おいたしちゃった」という感覚とか。 確かに、これらをストレートに見せられたら・・・や、それはそれで納得してしまうかも。我ながら柔な感性だなぁ。でも、「おいた」がなんだか必然に思える。ページを捲るほどにそう思えてきた。今飲んでいるんですけど、飲みに親和性高いです。 や、ともかく、でかい本でゴージャスだ。写真集はこうでなくっちや。 (****)
  • 新津保建秀: 新津保建秀写真集『記憶』

    新津保建秀: 新津保建秀写真集『記憶』
    これ、エロい。深い計算の塊のような構成はあざといのだが、結局見惚れてしまう。渋谷のBook1stに伸ばした写真の展示があったのだが、それがとてつもなく魅力的で買ってしまった。この本以上に。 え?私の趣味的にどれって?そうねぇ、ま、「夏」の香椎由宇が一番。「冬」の宮崎あおいが渋くていい。て、カンジ。 (****)

  • 荒木 経惟: 空事―2004年写狂人日記

    荒木 経惟: 空事―2004年写狂人日記
    故・宮田美乃里氏に向けられた想いを記録したような写真の並びが胸に迫る。写真の選択を想い一筋ストレートに絞るのでなく、日常にブレた写真が挟み込まれているが、それらもまたどこか彼女を気にしている感がある。他の女、いつものテラス、空、街などなど、結局どれも宮田美乃里氏を想う心が浮き出してくるように思えてならない。文章に拠らない写真に拠る物語のようだ。 (****)

  • 青山 静男: 少女たちの日々へ (2)

    青山 静男: 少女たちの日々へ (2)
    ちゃんと(2)が出版された! ここに掲載されている写真一枚一枚に意味が満ち溢れている。と、周囲のあまりに無意味に思える日常とのコントラストに眩暈がする。できることなら(3)を見てみたいものだ。 (*****)

  • 荒木経惟「日本人ノ顔」プロジェクト: 日本人ノ顔―大阪3‐1

    荒木経惟「日本人ノ顔」プロジェクト: 日本人ノ顔―大阪3‐1
    顔、顔、顔。それもごく普通の日本人の顔。全国47都府県の人々の顔を網羅的に記録する、という。ライフワークだそうだ。撮影風景を記録したDVDも観たが、これは消耗する仕事なのではないだろうか。東京都写真美術館だったかであった同じ題目の写真展も昔見に出かけたが、写真集の顔の写真一枚一枚が大伸ばしで見渡す限り展示されている様は圧倒された。鬼海さんの「ペルソナ」にあるような特殊な顔は一つもないのに。 (*)

  • 荒木 経惟: 少女物語
    初版第一刷1988年4月29日。7歳から17歳までの33人の少女を撮っている。が、そこはアラーキーならではで、少女を撮っても基本が「人妻エロス」のシリーズにそのまま繋がるような雰囲気になっている。今となっては無理なヌードもある(さすがに陰部は潰してあるが)。一番の傑作と思うのは、彩美7歳。7歳にして人を喰ったような風情は一回見たら絶対忘れられない凄みがある。2005年の今は24歳くらいになってるはずだが、どんな大人になっていることだろうか。 (****)
  • 荒木 経惟: 再びのソウル「記憶」

    荒木 経惟: 再びのソウル「記憶」
    カラー。『風光の済州島「漂流」』と同時発売だがモノクロだから、カラーだからという何かの違いは気にならない。カバーとカバーを取り去った表紙の女の子がキュート。昔いた、今の日本にはいないかもしれない。これに象徴的だが、カラーになると写っている女性が全部俄然魅力的に見える。女は色だ。なんちゃって。 (****)

  • 荒木 経惟: 風光の済州島「漂流」

    荒木 経惟: 風光の済州島「漂流」
    モノクロ。今日、政治的にはいろいろある日韓の間ではあるが、荒木に写されされる韓国の人たちの屈託のなさは不思議であり当然である。いい写真集、と思う。 (****)

  • 森山 大道: 犬の記憶

    森山 大道: 犬の記憶
    『犬の記憶』本編の文章は重く粘着的で読むのが辛かった。が、『僕の写真記』は自伝で面白かった。先日、初台で「森山新宿荒木」写真展で森山のビデオを観て感じ入るところがあった。編集者が「展覧会にするからこの写真の感じで大きく伸ばして、とプリンターに注文したら、できないと言うんだ。データもなにも録ってなくて森山が手で焼きを調整していたんだし、仕方ない。森山のプリントを複写して伸ばして展示した。どうせ、ブレてるしピントは合ってないし、調子は荒いし、十分だった」という件がえらく私の気を惹いた。で、本書を本屋で見つけて買って読んだのだが、感想は前述のとおり。しかし、あらためて本書に掲載されている写真ばかり見ていくと凄いものを感じる。一見諧調ピント調子構図糞食らえな世界で凄いものが迫ってくる。もう、なんというか、これも写真家のキャラクターで説明せねばならない世界なのだろうか。考え込んでしまう一冊。 (****)

  • 青山 静男: 少女たちの日々へ (1)

    青山 静男: 少女たちの日々へ (1)
    書店で手に取り、ぱらぱら捲って「とんでもない写真集だ」と思ったが、購入して一枚一枚写真を見るにつけこのとてつもなさに圧倒されるの感はますます深まる。女の子達の輪の中に入り込んでここまで信頼されてというか、それ以上に少女達から「撮って」という意志を引き出した写真家・青山静男の凄さに眩暈すら感じる。昭和50年〜60年の作という。時代もあるかもしれない。今、こういう写真は可能だろうか?いろいろな意味で。また、それゆえに本書は輝かしいくらい嫉妬を催す。 第二集も予定されているそうだが、楽しみだ。 (*****)

  • 荒木 経惟: モルヒネも効かぬ五月―荒木経惟写真集

    荒木 経惟: モルヒネも効かぬ五月―荒木経惟写真集
    まず写真集本体をばらばらと最後まで捲る。次に「写真ノ説明」という副読本を読む。インタビュー形式でどんなふうに撮ったのかが説明されていて興味が惹かれるコメントがあると写真集のそのページへ戻ってもう一度鑑賞する。2004年5月のアラーキーが綴られている。 (***)

  • 荒木 経惟: 天使祭
  • 鬼海 弘雄: 東京迷路―鬼海弘雄写真集

    鬼海 弘雄: 東京迷路―鬼海弘雄写真集
    2004年4月30日、銀座のギャラリーの『ペルソナ』展で購入。鬼海さんご本人にお会いしてサインしていただいた。なんというか、掴み所のない不思議な方で、このキャラクターならでは『ペルソナ』のような浅草の人々を撮り得たのだな、と妙に納得。写真はカメラマンの人間性ですよ、と LaCAMERA の主人が言っていたが全くその通り。 で、この写真集。ハッセルでモノクロ、東京を撮っている。人が全く写っていない。どれもなんでもない風景が静かな雰囲気で写っていて魅入られる。 (***)

  • 宮田美乃里、荒木経惟: 乳房花なり
    ついに出た。モデルの宮田美乃里さん存命中になんとか出版したいと先月LaCAMERAでアラーキーは語っていた。左乳房を癌により切除され、体調最悪に違いないのに、表情が限りなく優しい。なんでこんなに優しいのか。考える・・・。 (****)
  • 荒木 経惟: 包茎亭日乗 完
    噂の眞相の連載をまとめたものか。 左ページに直筆の日誌と右ページに写真。延々と続く。左ページを読みつつ右ページの写真を見てページを捲っていくとトリップしてしまう。 人妻エロスの連載写真だと思うが股を開くは愚か■■■を拡げて見せる写真が多いのには驚く。荒木マジック?どれも幸福な表情。年齢を超えて女はかわいい!とか思ってしまう。 (****)
  • 渡部 さとる: 旅するカメラ (2)

    渡部 さとる: 旅するカメラ (2)
    一冊目は素晴らしかった。この二冊目も素晴らしい。読んでいる時間が楽しい。特に「御巣鷹山」はバーで読んでいたがどこにいるのか全く忘れて読み耽った。若い時の技術はないが情熱と体力のある自分とそれから年をとった技術はあるが体力のない自分。話としてこの辺の対照が激しく私を惹きつけたようだ。 (****)

  • 田村 浩章: 華彩なな写真集
    前作よりななちゃんがかなり頑張っている。写真家は今回二人、Hiroaki tamura and Maiko Kubo。しかし二人がかりで撮った意味は出ているだろうか。あまり感じられない。ななちゃんの演技が光るのみ。 (***)
  • Jerome Sans: Araki by Araki

    Jerome Sans: Araki by Araki
    面積体積重量最高!天才の集大成、でも通過点。LaCameraでのパーティでお披露目された時、即購入決定。日本版では隠された部分があるので米Amazonでオーダー。何事もなく手元に届いた。写真は何も隠さずプリントされていること。そしてできるだけ大きく焼かれていること。まずはこれに尽きると思った一冊。家宝かも。 (*****)

  • 荒木 経惟: 月刊さとう珠緒Special

    荒木 経惟: 月刊さとう珠緒Special
    さとう珠緒も天才にかかるとこうか!?以前このシリーズで奥菜惠のもあったがこっちが断然上。イロっぽい。本全体がイロっぽい。ヒキとぶれの妙について考えさせられました。 (****)

  • 荒木 経惟: 春雪抄―写真小説

    荒木 経惟: 春雪抄―写真小説
    写真に対する紙質、版型、分厚さとドンピシャリ。モノクロのスナップ、ヌード、情景が取り留めなく収集され、ぱらぱらするだけでトリップできます。天才の写真集どれか一冊と問われれば迷わずこれ。 (*****)

« 2008年2 月 | メイン | 2008年4 月 »

2008-03-09

2008-03-02

2008-03-01

2013年11 月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

興味深いページ

音盤いろいろ

  • 神様のいじわる
    SHISHIDO RUMI: Rumi roll
    天才である。和みまくる。
  • Cocco - 陽の照りながら雨の降る

    陽の照りながら雨の降る
    Cocco: 陽の照りながら雨の降る

    復活の音盤に聴く歌は情念の彼方に情念という感じ。彼女の歌は相変らずで、聞き惚れる。 (*****)

  • Mais para la
    渡辺幹男&Best friends: Mais para la

    制服向上委員会のコンサートで、第410回制服の日 FOR ALIFE COnCERT で渡辺幹夫さんらの演奏を聴いて魅せられ、会場先行発売のこのアルバムを買った。とても切ない旋律にさまざまな演奏とさまざまなボーカルのバージョンが詰まっている。大人の音楽だと思う。この夏、いいものを手に入れた。 (*****)
  • AKB48 - 桜の花びらたち

    桜の花びらたち
    AKB48: 桜の花びらたち

    AKB48劇場でのライブで聴きなれているかとおもったらCDになって聴くとこれが結構うるうるくる歌詞で心に沁みる。それぞれの未来へ旅立って行くんだねその背中に夢の翼が生えている、というあたりはかなりくる。卒業をテーマにしたいい曲だ。カップリングの Dear my teacher は毎日教師の女生徒へのハレンチ事件が報道される昨今と照らし合わせると一応ヤバさを感じる歌詞だと思う。しかし、曲調とAKB48の歌声はとても無邪気だ。 (****)

  • 非常階段 - Angel Dust

    Angel Dust
    非常階段: 真・雑音伝説

    副題、ロード・オブ・ザ゜・ノイズ。 どんな癒し系といわれる音楽より、これかけているほうが心の平安が訪れます。DVDと一体なんですが、そちらはまだ見てないです。活動長いです。 (*****)

  • ヤプーズ - 私は孤高で豪華

    私は孤高で豪華
    ヤプーズ: 大天使のように

    力強く。ひたすら力強いボーカルと曲。よわよわな時聞くとなんとか持ち直せる気がしてきます。ところで戸川純さんは今どうしているのでしょうか? (*****)

  • UTADA - EXODUS

    EXODUS
    UTADA: EXODUS

    近所のCDショップで重回転していて耳障りが良いので購入。何回聴いても気分が良いし飽きないです、これ。 (****)

  • みちくさ
    JAGATARA: ニセ預言者ども
    イントロがかかった時点であっちへ行けるという稀有な曲だと思う。「とんだところでみちくさしちまたっぜ」。この強力なリフレインが脳髄に痺れをもたらす。 他に「少年少女」「ゴーグル、それをしろ」「都市生活者の夜」を収録しているが、どれも深い深い深いグループにめちゃめちゃにされてしまう。後期に通っただけだが、ライブの光景が眼前に今の事のように蘇る。 (*****)
  • MARILYN MANSON - Thaeter

    Thaeter
    MARILYN MANSON: THE GOLDEN AGE OF GROTESQUE

    何気に入ったCD屋で流れていて思わず店主に「これはなんだ?」と訊いて差し出されたのがこのCDだった。ポイントカードとか考えるとご町内のその店で買うことなど有り得ないのだが、即購入。耳に入ったこの曲のみならず、すべてがすばらしい。聴いていると腹の底からがーっと突き上がってくるものがある。シンクロのデプスが深い。日本版で買ったのにDVDもついていたが、これは一回観たきり。 (*****)

  • 神を探しに
    JOJO広重: 怒鳴り散らすぼくの声はあまりにも小さい

    とてつもないブルースを聴きたければこれを聴け、みたいな曲。 「あの世とこの世の境はあまりに薄く/怒鳴り散らすぼくの声はあまりにも小さい」 また、一曲目『デス・ダイブ』は癒されます。 (****)